• 設計・生産部門の分離、
    縦割りエンジニアリング
    チェーンの非効率性を改善

    製品設計、工程・設備設計、生産の電子データ
    共有と保管、ストレージ一体型ソリューション
    AOS IndustryDX

製造業界向けDX
AOS IndustryDX

製造業においてデジタル化に伴う電子データの取り扱いによる製造業のDXが求められるようになりました。製造のDXを推進する際にまず大切なことは、エンジニアリングプロセスの可視化、設計と生産部門間の連携強化を図るために知財や機密情報を共有管理するためのプラットフォームを構築することです。
「AOS IndustryDX」は、製造業関係者が知財や機密情報、図面データを安全に保管、共有することにより、エンジニアリングチェーンを強化し、サプライチェーンの再構築を支援するために開発されました。
また、セキュリティを強化し、厳格な権限管理に加え、暗号化および監査機能シス テムや、人的なミス・トラブル・災難に備えた バックアップ、および大容量長期保 管向けアーカイブシステムが強みのBCPソリューションが特徴です。

製造業界向けDXを実現するための3つの課題

課題1
課題2
課題3

AOS IndustryDXは、こうした課題を解決します

解決1
解決2
解決3
AOS IndustryDXの活用例

CDO(Chief Digital Officer)を支援

「AOS IndustryDX」は、日本の製造業の強みだった有能な人材による設計・生産一体の高生産性がデジタル技術の活用で国際競争力を失い、 縦割り組織を超え、設計や生産技術部門をまたいだ「エンジニアリングチェーン」の統合マネジメント力やエンジニアリング業務に精通しつつ全社的な経営方針の検討ができる CDO(Chief Digital Officer)が求められる時代に、製造業分野のDXを支援します。

IndustryDXのトライパッドソリューション

「AOS IndustryDX」は、1、部門間や企業間を横断する脱サイロ化のエンジニアリングチェーンとサプライチェーンの連携のためのデータ共有 2、従業員の持つ技術や能力の形式化・デジタルデータ化 3、BOMの共有や3DCADの活用等、設計・生産・サプライ部門を跨いだデータ共有のためのシステム整備 といった3つの課題のキーコンセプトから開発されました。IndustryDXのキーコンセプトとインサイトとは、これらの課題を解決し、現場の社員、DXシステム管理者、社内外の 提携企業の関係者の三角関係が効率よく生産性を高めるように することです。これを製造業のトライパットソリュー ションと言います。

DXソリューション導入をお考えの企業様へ

(c) 2024 AOSDATA,Inc All Rights Reserved.