• メディア制作、配信、
    販売コラボの悩みを解消

    セキュアなメディアデータ共有と保管、
    ストレージ一体型ソリューション
    AOS MediaDX

メディア業界向けDX
AOS MediaDX

メディアのDXを推進する際にまず大切なことは、メディア制作会社、配信会社、 販売会社など、それぞれの部門間でスムーズに情報や作品を共有できるセキュアなデジタル環境です。
「AOS MediaDX」は、そのためにクラウドで効率よく大容量の画像、動画データや大量のテキストの修正、フィードバック、活用をスムーズにし、メディアの著作 権も保護しながら共有、保管することができ、サイロ化しがちな業務における問題を解決するために開発されました。
また、セキュリティを強化し、厳格な権限管理に加え、暗号化および監査機能シス テムや、人的なミス・トラブル・災難に備えた バックアップ、および大容量長期保 管向けアーカイブシステムが強みのBCPソリューションが特徴です。

メディア業界向けDXを実現するための3つの課題

課題1
課題2
課題3

AOS MediaDXは、こうした課題を解決します

解決1
解決2
解決3
AOS MediaDXの活用例

デジタル時代のコンテンツ保護を支援

「AOS MediaDX」は、紙媒体の市場縮小、情報発信や広告の手法の多様化などを背景に、新聞や雑誌をはじめとするメディア業界を取り巻く環境が大きく変化している中で、事業の着眼点が「既存の収益モデル」中心の発想から「ユーザー向けコンテンツ中心」の時代へとシフトし、デジタル時代のコンテンツ保護や管理を踏まえたDXを進めるよう促した経済産業省 情 報通信白書の内容を取り入れ、メディア業界のDXを支援します。

MediaDXのトライパッドソリューション

「AOS MediaDX」は、1、紙のデジタル化と大容量の画像、動画データなどの共有、保管 2、各部門や提携パートナー間との効率いいデータ共有と利活用 3、コンプライアンスに準拠したコンテンツ保護管理といった3つの課題のキーコンセプトから開発されました。MediaDXのキーコンセプトとインサイトとは、 メディア制作者、システム管理者、社内外の提携企業の関係者の三角関係が、最大の満足度になるようにすることです。これをメディアのトライパッドソリューションと言います。

DXソリューション導入をお考えの企業様へ

(c) 2024 AOSDATA,Inc All Rights Reserved.