• X-Tech企業のデータ統合管理を
    支援するAOS IDXの
    Inside実装

    あらゆるX-Tech企業のためのDXデータプラット
    フォーム実装サービスを開始しました

X-Techとは

X-Techとは、既存の産業のビジネスとABC MIND(AI, Blockchain, Cloud, Metaverse, IoT, Network, Data)の先端テクノロジーを結びつけて生み出す新たな製品やサービス、あるいはその事業モデルとなります。
X-Techは特定の産業に焦点を当てた技術の導入を指し、EdTechやFinTech、リーガルテックなどが該当します。一方、DXはあらゆる産業や分野における総合的なデジタル変革を指します。DXは組織全体のビジネスプロセスと文化をデジタル化し、革新的に変革することを意味します。

AOS IDXのX-TechへのInside実装

IDXのX-TechへのInside実装は、DXデータプラットフォームを各Xtech企業に提供します。
Inside実装により、データの保存と共有が可能なSaaSサービスがX-Tech企業に導⼊され、クラウド上での効率的なデータ活⽤の道を開く、さらなる企業価値向上の⼀助となります。
AI の精度を決めるトレーニングデータ
X-Tech企業がデータに関して抱える課題は以下のようなものがあります。
  • データセキュリティ:
    ランサムウェアなどのセキュリティ対策は最優先課題となります。機密情報や個⼈情報を含むデータを保護するための適切なセキュリティ対策が必要です。
  • データ保存:
    データの量が増えるにつれて、その保存と管理が難しくなります。また、⼤量のデータを効率的に共有するための⼿段も必要です。
  • データの共有:
    異なるシステム間でデータを共有する際には、データを効率良く、安全に共有する仕組みが必要となります。
  • アクセス制御:
    正確なアクセス制御を実施しなければならず、特定のデータへのアクセスを制限する必要があります。
これらの課題に対して、SaaSベースのIDX データプラットフォームは、セキュリティ対策、データの保存、データの安全な共有、アクセス制御といった面で解決策を提供します。

AOS IDXは、X-Tech企業が抱える課題を解決します

人間と同様、まちがった「お手本」で学習したAIは、期待と異なるふるまいをするようになりますし、いい加減なデータを「お手本」として学習させれば回数を重ねてもなかなか期待した精度に達しないでしょう。プロジェクトの早い段階で正確にアノテーションされたデータを用意することは、AIを用いたプロジェクトを成功させる上で非常に重要な要素であるといえます。

全てのデータをクラウドに自動保存 してデータを守ります
大量のデータもコールドドライブで 低コストで長期保存
許可されたメンバー同士でチーム ドライブで安全にデータ共有
閲覧、ダウンロード権限をアクセス制御で管理して 監査ログとレポート機能で履歴を監査できます
X-Tech企業のブランドロゴを画面に組み込み自社ブラ ンドのプラットフォームとして提供できます

X-tech企業へのInside実装例

導⼊事例

鯖江商⼯会議所

CCI DataDXという製品名で全国515の商工会議所へDXデータプラットフォームを横展開

製品発表内容は、こちら

(c) 2024 AOSDATA,Inc All Rights Reserved.