• 金融のデータドリブン化
    金融機関とサービス利用者、
    金融行政の非効率を改善

    金融データ、消費者データ、金融行政方針データの
    共有と保管、 ストレージ一体型ソリューション
    AOS FinDX

金融業界向けDX
AOS FinDX

金融業界において、新たなFintech企業の登場による金融サービスの競争激化にと もなう顧客争奪戦の中で、地域の金融サービスの活力低下が懸念されています。 デジタル技術の活用による金融業の変革(デジタルトランスフォーメーション) は、 最重要課題となりました。金融DXを推進する際に大切なことは、金融業務の可視化、 金融機関と消費者、金融行政の連携強化を図るための金融データや顧客デー タを共有管理できるセキュアなデジタル環境です。
「AOS FinDX」は、金融機関がクラウドで効率よく金融データ、顧客 データ、 行政データを共有、保管することができ、金融サービスのDX化を強化し、スマート金融の実現、金融業の変革、行政手続き事務の効率化などRegTech/SupTech を含めた新たな金融エコシステムをサポートするために開発されました。
また、セキュリティを強化し、厳格な権限管理に加え、暗号化および監査機能シス テムや、人的なミス・トラブル・災難に備えた バックアップ、および大容量長期保 管向けアーカイブシステムが強みのBCPソリューションが特徴です。

金融業界向けDXを実現するための3つの課題

課題1
課題2
課題3

AOS FinDXは、こうした課題を解決します

解決1
解決2
解決3
AOS 金融DXの活用例

利用者を中心とした新金融サービスを支援

「AOS FinDX」は、金融庁が発表した金融行政方針の「利用者を中心とした新時代の金融サービス」に注目し「データ戦略の推進」「イノベーションに向けたチャレンジの促進」「機能別・横断的法制の整備」「金融行政・金融インフラの整備」「グローバルな課題への対応」の5つの分野について、金融デジタライゼーション戦略推進を重要課題の金融DXとして捉えデジタル化による顧客中心の金融サービスを最優先にするソリューションを提供します。

FinDXトライパッドソリューション

「AOS FinDX」は、1、顧客データや行政事務手続きのデジタルデータ化 2、行内間やサードパーティとのデジタルデータの共有、保管3、金融行政のデジタル化によるRegTech/SupTechのガバナンスイノベーションといった3つの課題のキーコンセプトから開発されました。
FinDXのキーコンセプトとインサイトとは、 金融機関の行員とシステム管理者、 金融機関の外部関係者という三角関係が、最大の満足度になるようにすることです。これを金融DXのトライパッドソリューションと言います。

DXソリューション導入をお考えの企業様へ

(c) 2024 AOSDATA,Inc All Rights Reserved.