• 農業のデータドリブン化
    生産現場と流通や行政
    事務作業の非効率を改善

    営農データ、消費者データ、行政事務データの
    共有と保管、ストレージ一体型ソリューション
    AOS FarmDX

農業向けDX
AOS FarmDX

農業において、高齢化が進み、農業の競争力低下にともなう地域社会の活力低下が懸念される状況で、デジタル技術の活用による農業の変革(デジタルトランスフォー メーション) は、最重要課題となりました。農業DXを推進する際に大切なことは、 農業プロセスの可視化、生産現場と流通、小売、行政の連携強化を図るための作業データや営農データを共有管理できるセキュアなデジタル環境です。
「AOS FarmDX」は、農業経営者がクラウドで効率よく生産データ、品質データ、 流通データ、市況データ、行政データを共有、保管することができ、フードチェー ンを強化し、スマート農業の実現、農業の変革、行政手続き事務の効率化など農業のエコシステムを実現するために開発されました。
また、セキュリティを強化し、厳格な権限管理に加え、暗号化および監査機能シス テムや、人的なミス・トラブル・災難に備えた バックアップ、および大容量長期保 管向けアーカイブシステムが強みのBCPソリューションが特徴です。

農業向けDXを実現するための3つの課題

課題1
課題2
課題3

AOS FarmDXは、こうした課題を解決します

解決1
解決2
解決3
AOS FarmDXの活用例

データの利活用、農業DXの実現を支援

「AOS FarmDX」は、農林水産省が令和3年1月にまとめた農業DXをめぐる現状と課題であげられている「生産現場におけるデジタル技術活用環境の整備」、「多くの経営体のデータを収集・分析できるサービス事業体の支援」、「AIやBIツールの利活用」、「消費者・流通などデータを活かしたフードテックの導入」をという4つの課題に対して、農業DXの実現に向けて支援します。

FarmDXのトライパッドソリューション

「AOS FarmDX」は、データ駆動型の農業経営を実現するためのキーコンセプトから開発されました。1. 作業データや営農データのデジタル化 2. 生産、流通、行政とのデジタルデータの共有、保管 3.行政手続き事務の効率化のためのデジタルデータ管理整備といった3つの課題のキーコンセプトから開発されました。
FarmDXのキーコンセプトとインサイトとは、 農業従事者とシステム管理者、 行政機関を含めた外部関係者という三者関係が、最大の満足度になるようにすることです。これをFarmDXのトライパッドソリューションと言います。

DXソリューション導入をお考えの企業様へ

(c) 2024 AOSDATA,Inc All Rights Reserved.